ワイン発祥の地アゼルバイジャンの美味しいワイン

アゼルバイジャンより直輸入し、卸売・小売をしているChabiant Winery (シャビアン ワイナリー)を紹介させていただきます。

Chabiant(シャビアン)ワインはアゼルバイジャンのイスマユルSharab-2ワイナリーで作られています。 標高750メートルの大コーカサス山脈の南斜面にあるイスマユル地域の恵まれた天候と土壌を活かしてブドウを栽培、生産しています。当ブドウ園は、晴れた日と寒い夜の間の気温変動がちょうどよく、熟した良質のブドウにとって最高の条件を提供する、天水を利用した自然の丘にあります。

 私たちは環境に対し深い尊敬を持ってワインを収穫し、伝統と革新を組み合わせた方法で加工し、本エステートで最高のワインを生み出します。地元とイタリアのエキスパートから成る専門家チームが協力し、ワイン一杯一杯の中に当ワイン園のブドウを際立たせ、また土壌を反映させるという、私たちの哲学を支えています。

 コーカサスとヨーロッパのブドウの品種を育てる、274ヘクタールのブドウ園があります。様々なブレンドのワインを提供していますが、私たちのブドウ園の純粋かつ伝説的なアゼルバイジャンワインを楽しんでいただけるよう、真の地元品種のブドウに関しては、ブレンドせずに単一品種のブドウだけを使って生産します。

白、赤そして若々しいワインの生産において最高品質を保つため、ブドウは手で摘み、瓶詰めしています。また、レストランとバー、そしてその場でワイン試飲施設を楽しみたいお客様のために、独特の歓迎的な雰囲気を生み出す、大きなセラーを併設したゲストハウスもあります。

イスマユルSharab-2ワイナリーは1982年にアゼルバイジャンのイスマユル地域に設立されました。2010年には、ワイナリーを近代化し、生産設備を更新しました。ブドウ園の世話や管理は、最新のヨーロッパの農業傾向に沿っています。現在工場では、ヨーロッパの生産ラインを用いており、イタリア人の卓越したワイン造りの専門家が、その場で独自のワインブレンドを生み出しています。

 イスマユルSharab-2は、主要な国際ワイン展示会で数多く展示を行っており、多数の名誉ある賞や証明書を贈られています。大量のワインがプライベートブランドの下でロシアへ、また中国へも輸出されています。イスマユル Sharab-2は2017年には、地元及び国際市場向けにChabiantという新しい製品ラインを始めました。今年は、新しいプレミアムリリースを発売します。

コーカサス地方の土着品種にこだわる

•Madrasa マドラサ  •Bayan Shira バヤンシラ  •Saperavi サぺラヴィ •Mtzvane ムツヴァネ

•Cabernet –Sauvignon カベルネ・ソーヴィニョン  •Rkatsiteli ルカツイテリ  

試用する農業方法

剪定: ギュイヨおよびダブルギュイヨ

施肥: 発酵肥料により早春および11月に実施

植物保護方法: 生物学的製品(硫黄と銅)のみを用いて150ヘクタールを処理

•従来型の植物保護プログラムを100ヘクタールに適用

グリーンセレクション

収穫: ブドウは9月初旬から10月末までに手摘みする。

発酵方法: 白ブドウ

白ブドウは手で収穫し、数分ほど離れた場所のワイナリーで丁寧に茎を取り、圧搾機に送られます。移動中は温度を下げます。ソフトプレスした最高品質の果汁のみをステンレスのタンクに移し、温度管理(14-16°C) の下一か月間ほど発酵させます。

 発酵後、ワインを異なる期間、ステンレスタンクで熟成させます。この間、ワインを成熟させるためにバトナージュ処理します。ワインのほんの一部だけを、軽く炙ったオーク材の樽で最高6か月熟成させます。

発酵方法: 赤ブドウ

赤ブドウは手で収穫し、数分ほど離れた場所のワイナリーで丁寧に茎を取り、つぶして、ステンレスのタンクに移します。皮と果汁は発色プロセスの改善のための発酵の第一段階で、芳香を保つために冷却します。

 発酵中、ワインと皮はポンプオーバーおよびデレスタージュ処理します。発酵は全体で8~20日間行われます(ブドウの種類と達成すべきワイン醸造学上の目標により異なります)。

 その後、ワインと皮を分け、皮をそっとプレスします。ワインは生産ラインにより、木やステンレスの樽で熟成が始まります。

発酵方法: ロゼブレンド

ブドウは手で収穫し、数分ほど離れた場所のワイナリーで丁寧に茎を取り、圧搾機に送られます。1、2時間置いて、皮との接触により果汁がちょうどよいピンク色になったら、圧搾工程を始めることができます。

 ソフトプレスした果汁をステンレスのタンクに移し、温度管理(14-16°C) の下一か月間ほど発酵させます。

 発酵後、数か月間だけ、ワインをステンレスタンクで熟成させます。短い熟成期間中、ワインをバトナージュ処理し、最適な熟成レベルにします。

 当ワイナリーのロゼワインは、若い時期に飲むと、最も良い芳香が楽しめます。

向上設備、生産性

イスマユルワイナリーは、ヨーロッパのサプライヤーから購入した、近代的ワイン造りに適した機械やタンクを用いています。ワイナリーには、ヨーロッパの品質および衛生基準を満たす、ワインの加工及び生産に必要なすべての設備を備えており、輸出に必要なものを含む、品質や規格の認定を受けています。ワインの熟成に使用するオーク樽は、フランスおよびスロベニア産です。  

生産量

ワイナリーでは、年間約1,500,000 kg のブドウを加工することができ、年間約1,000,000本を生産可能であり、生産本数を2,000,000本まで増やすことが可能です。

新規お取引希望のお問合せはこちらのメールアドレス(info@aze-pro.com)よりお願い致します。

お問い合わせへの対応は、営業時間月曜日~金曜日 9:00~17:00(土・日・祝日および当社の休業日を除く)の間とさせていただきます。なお、お問い合わせの内容により、ご返信までお時間をいただく場合や返信しかねる場合などもございます。あらかじめご了承ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close