「北方領土問題」とウクライナ問題の比較について。岸田外相の発言。これに対するロシア外務省のコメント。

ベルギー訪問中の岸田文雄外相は、南クリル4島(「北方領土」)をめぐる問題を「力による現状変更である」とし、ウクライナでの状況と比較したという。これは今年に予定されるプーチン大統領の公式来日に影響を与えかねないと思います。「北方領土問題」にとって、危険な発言だなぁ~

В Брюсселе Кисида выступил с лекцией, после которой, отвечая на вопрос, заявил, что “то, что происходит на Украине — это изменение статуса-кво при помощи силы, проблема северных территорий — это тоже (было) изменение ситуации при помощи силы”.

http://ria.ru/world/20150121/1043502960.html

日本の岸田外務大臣の発言に関するロシア外務省のコメント
2015年1月21日
日本の岸田外務大臣が1月20日、訪問先のベルギーで行った発言に当惑しています。岸田外務大臣は発言の中で、ウクライナ情勢と「北方領土」問題、つまり第二次世界大戦の結果としてわが国に帰属するロシアの南クリル諸島を日本ではこのように呼んでいるわけですが、このふたつを類似のものとして扱いました。とりわけ、「力による現状変更」が問題であるとの発言がなされました。
これについて改めて述べておくと、世界への覇権を確立すべく、第二次世界大戦前の現状を力によって破壊し、多くの国々を占領したのは他でもない軍国主義の日本とナチスドイツです。それを岸田氏は、まるで先日のA.ヤツェニュク・ウクライナ首相のドイツでの発言をなぞるかのように、実質上、歴史を逆さまにひっくり返し、戦争の原因と結果についての一般認識を修正しようとしています。
残念ながら、日本政府は依然として歴史の教訓を学ぼうとしていないと言わざるを得ません。第二次世界大戦における連合国の勝利から70周年にあたるこの年に、このように歴史の記憶が失われることは許されません。

Комментарий МИД России в связи с высказываниями Министра иностранных дел Японии Ф.Кисиды

80-21-01-2015

Вызывают недоумение высказывания Министра иностранных дел Японии Ф.Кисиды, прозвучавшие в ходе его визита в Бельгию 20 января, в которых он допустил аналогию между ситуацией на Украине и проблемой «северных территорий», как в Японии называют российские южные Курильские острова, принадлежащие нашей стране по итогам Второй мировой войны. В частности, было сказано, что речь идет об «изменении статус-кво силовым путем».

Хотели бы в этой связи напомнить, что именно милитаристская Япония вместе с нацистской Германией, стремясь к утверждению своего господства в мире, сломали при помощи силы существовавший до начала Второй мировой войны статус-кво и оккупировали целый ряд государств. Теперь же г-н Кисида, словно вторя недавним заявлениям в Германии украинского премьера А.Яценюка, по существу пытается перевернуть историю с ног на голову, подвергнуть ревизии общепризнанное  понимание причин и итогов войны.

Вынуждены констатировать, что Токио, к сожалению, по-прежнему не желает усвоить уроки истории. Такие провалы в исторической памяти недопустимы в год 70-летия Победы союзных держав во Второй мировой войне.

岸田外相の発言は非常に危険な発言であり、プーチンの今年に予定されている公式訪日にも悪影響を及ぼしかねない。「北方領土問題」を解決したいのであれば、必ず相手国(ロシア)の立場も重視しないといけないと思います。これは、日本の優れた研究者たち(和田春樹等)の意見でもありますが、日本政府はどうも十分に意識していないようですね。戦後70年間経っても、また、同じ発言を繰り返すことにはメリットあるのかと疑問を抱きます。また、「北方領土問題」を解決したいのであれば、このような発言を控えるべきではないでしょうか。内向きに通じる発言ではありますが、それは「北方領土問題」の解決を希望する日本政府の立場に合うかどうか。そして、このような発言を繰り返すことで問題解決は遠ざかっていくだけだ。最近、ウクライナ問題等で両国の政治関係は悪化したにもかかわらず、また従来の問題が起こりつつあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。